教育活動


当園について>教育活動

教育活動

 

三幸こども専門学校さんの見学
 

2017年1月13日には日本各地から、三幸こども専門学校さんの学生さん達28名が見学に来てくださいました。

未来の幼稚園教諭、保育士の卵たちは朝礼後、ひかり、ゆめ、あいのクラスの見学をしたり、一緒に園児との外遊びに興じました。

園児たちはにわかに降って湧いた遊び相手に大喜び!! 思う存分遊んでもらって最高のご機嫌でした。

教室ではお兄さん、お姉さんたちは園児が論語をすらすらと朗誦するのに驚嘆!!「凄~~い」と息をのむばかりでした。

「それでは、お姉さんたちにも読んでもらいましょう」との担任の声掛けに「読めな~~~~い」との黄色い声が飛んできました。 

見学後、園長先生から笑顔の大切さ、躾の大切さ、バイリンガル教育の大切さについて講話がありました。 

学校で学んだ役に立つ勉強など、社会にでればすぐに役に立たなくなる。

役に立つのは読んだ古典の数。

幼児教育では時間は未来から流れてくる。

という話に学生たちは目を白黒させていました。

小さな卵たち、世界に羽ばたいて下さいね。

 

 

 
【第2回
2015年3月は関西学院教育学部より金田教育学博士、和田准教授他3名の方々が聖愛幼稚園のアカデミック保育を視察に来られ、様々な意見交換をする機会に恵まれました。
また、昨年の11月に続き、三幸学園の学生達約100名が全国各地から研修に来られ、園児達の笑顔に囲まれながら、論語の朗誦や漢字の絵本の暗誦を楽しむ園児の姿に驚嘆していました。
マリオットホテルでは藤村園長が「知能教育」と「遺伝と環境」について2時間に亘って論じられましたので、学生達のアンケートをご参照下さい。

 

教育セミナーはいかがでしたか?

・使っている教材の工夫がすごかった。私達でもわからなくなるような内容で難しそうだけどやり方次第で子供達も興味をもってくれるから実習でやってみたいと思った。(名古屋)

・アメリカと日本の法律や制度の違いを知ることが出来た。親が子どもを迎えに来る時も書類を通していることにすごく驚いた。セキュリティをしっかりしていてアメリカだなと思わされた。(仙台)

・アメリカの教育だけにとらわれず日本の文化を大事にしたり今の勉強を更に深く学ぼうと思った。(仙台)

・教育する立場であり子どもを楽しませながら良さを引き出す姿勢が良いと思った。(仙台)

・藤村先生の教育への熱意がすごく伝わってきた。(大宮)

・知能教育の大切さを感じ、知能を育むために必要な記憶力、思考力、受容、表現を鍛えることの出来るゲームを拝見できて勉強になった。(大宮)

・日本語の素晴らしさ、またそれを伝える為に今の私達は勉強に一生懸命取り組むことが重要だと思った。子どもが育つ環境の影響、また具体的な知能の育て方そして6歳までの教育、つまり私達が目指す職業の重要性を改めて知ることが出来た。(大阪)

・生徒が今持っている力を先生が引き出してあげる事によって子供達もより成長していくのだと改めて思えた。子どもたちを叱るよりも誉めて伸ばしていきたい。(横浜)

・実際に日系幼稚園の先生の話を聞き、今までにない教育方針だと感じた。子どもの知性を育てる為には個人にあった配慮の仕方や教材の工夫の仕方を学んだ。(横浜)


 

【第1回】

 日本の保育士、幼稚園教諭の専門学校である三幸学園(全国10都市)から学生達がはるばると海を渡って聖愛幼稚園の見学に来られました。

2014年11月10日は幼稚園の見学、11日は園長が「アカデミック保育」と題して講演をしましたが以下が主催者から頂いた生徒達のコメントです。

(講演はDVDに撮られましたのでご希望の方にはお分けいたします。)

学生達の目にも聖愛幼稚園が生き生きと躍動し、園児が笑顔に溢れている様子が見えた事が分かります。

この学生達が「アカデミック保育」を継承して日本でも幼児教育に活用出来る日が来る事を心から願っています。

 

 

 

聖愛幼稚園訪問体験についてのアンケート

聖愛幼稚園訪問はいかがでしたか。
・なぜ英語が禁止なのかや、漢字を読む時間があるのかなど、説明して頂けたので教育方針がよくわかった。(札幌校)

・2歳児にも絵本におりまぜながら漢字を教えている教育の仕方が素敵だった。(札幌校)

・日本に戻った時に不便がないように、ラジオ体操やダンス、歌などを教えていてすごいと思った。日本の園児よりメリハリがしっかりできていて素晴らしいと思った。(横浜校)

・今日一日だけで色々なことが学べた。特に聖愛幼稚園では、日本の幼稚園よりもすごい教育だと思った。先生も元気で、たくさん勉強されていて素晴らしいと思った。先生の元気さを是非見習いたい。(広島校)

 

教育セミナーはいかがでしたか。
・普段は当たり前の生活で感じられない日本語の能力のすごさを学べた。自分には身についていない保育観を知り、もっと知識を身につけようと思った。日本にいては聞けない貴重な話だったので、素敵な保育士を目指そうと思った。その場では言えなかったが、もし日本で数年働いて自分に覚悟がついたら、聖愛幼稚園のような、海外での保育にも挑戦してみたいと思った。(札幌校)

・日本でアメリカと同じような保育を行っていくことは難しいとは思うが、少しずつ取り入れて、聖愛幼稚園の園長先生がおっしゃっていたように、先生を超えていけるように努力しなければいけないと思った。

・園長先生のセミナーは、幼児教育には何が大切か、英才教育とはどのようなことか、またその方法を教えて頂いたので、将来保育士になった際に実際に生かしてみたいと思った。(横浜校)

・学校で習ったことをさらに深く歴史的背景も交えながら教えてくださったのでわかりやすかったし、興味深い話が聞けてよかった。実際に行ったアクティビティも実習に役立ちそうだと思った。(札幌校)

・教育セミナーは聞き入ってしまい、時間が本当にあっという間だった。将来に必ず役立てたい。(大阪校)